朱桦 ZHUHUA(董事長、総経理)

 

華僑城国際メディア株式会社の社長補佐、演劇イベント部のチーフマネージャー、ドラマのプロデューサーを経て、華僑城メディア広告会社を設立。長年の映画やドラマ、芸能活動の監督、広告代理店事業の経験を持つ。2005年には、小説「チベットの犬」の映画化権を獲得した後、当プロジエクトの開発管理を担当し、日本のMADHOUSEと契約を結び、初めて日中合作のアニメ映画「チベット犬物語」を上映させた。


2008年に、MADHOUSE北京に入社し、副社長に就任。「チベット犬物語」の国内業務を担当するほか、他のオリジナルアニメーションの企画も兼任。2011年、「チベット犬物語」が上映した。


2011年の終わりごろ、北京巨眼文化メディア有限会社を設立。2011年4月、株式会社タカラタミーの上海子会社(TOMY Shanghai)のキャラクターライセンス業務を担当。

和泉 将一 IZUMI SHOICHI(主席顧問/プロデューサー)

 

株式会社博報堂、MADHOUSEのプロデユーサーを経て、MADHOUSE北京の社長となり、株式会社タカラタミーの上海子会社(TOMY Shanghai)の副社長を務める。アニメの企画開発、製作宣伝、キャラクター商品化権事業、海外配給、広告などの業務に対し豊富な経験を持っている。

猪狩 茂IGARI SHIGERU(ゲームアドバイザー)

 

実業家、日本の有名なゲーム会社ATLUSのCEO、ネットゲーム会社ROSSO INDEXを歴任し、現在はIGRグループの総裁を務めている。豊富なゲーム開発と運営の経験を持っている。

丸山 正雄MARUYAMA MASAO(アニメ企画アドバイザー)

 

MADHOUSEの創立者、手塚治虫先生の弟子であり、日本を代表する世界的なアニメーションプロデユーサー。50年以上に渡るアニメの企画・制作の経験で、数多くのヒット作品を生み出している。現職はMAPPAアニメスタジオのCEOである。

Franck Malmin(CGIアドバイザー)

 

フランスのUNIFIED会社のCEOで、多くのCGアニメのプロデューサーを担当した。

 

住所:北京市朝陽区曙光西里甲5号鳳凰城A2座2109,郵便番号100028
All Rights Reserved by Giant Eye Chinimation Inc. 京ICP备12023762号-1